この記事の読者は累積1345人です。
 
現代意識潮流を探る
370777 自死はどこまで増えるのか
 
匿名希望 21/09/23 PM06
今回は、注目すべき、最近の日本の若者たちの自殺率の動向に関する論文の内容をご紹介したいと思っていますが、それにしても、最近のいくつかの記事などを思い浮かべますと、自分自身何となく気分が晴れない日が続きますね。

しかも天気が良くない…というか、天気に対して良い悪いは変ですが、関東は全然晴れないのですね。

8月の後半から、1週間に1度太陽が出るかどうかというような天候が続いていまして、気分が晴れない問題はどうでもいいとして、「農家さん大変だろうなあ」と思います。

各地の天気や農作状況をよく見るのですけれど、まあ今回は関係ない話ですのでふれないですが、一部地域や一部作物はいろいろと大変な状況のようです。

リンクより

若者たちの今後
論文は、こちらは後で翻訳させていただきますが、以下にあります。

Increase in suicide rates among undergraduate students in Japanese national universities during the COVID-19 pandemic
COVID-19パンデミック時の日本の国立大学の学部生の自殺率の増加

また、以下は、年齢層と関係ない日本の自殺率の推移に関する国立感染症研究所感染症監視センターなどによる論文です。

Excess Mortality in Suicide caused by COVID-19 in Japan
日本のCOVID-19による自殺の過剰死亡率

この論文にあるグラフを見ますと、2020年の自死の増加ぶりが極端だったことがわかります。このグラフは自殺率そのものの推移ではなく、「自殺の超過死亡率」の推移です。

7月から急激に上昇していますが、その後下がってきているとはいえ、特に女性(オレンジ色)では、2019年とは比較にならない超過死亡率となっています。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_370777
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp