2022年05月19日

【コラム】タネの多様性を守り続ける、ミャンマーの草の根ネットワーク

日本の9割以上の種子(タネ)は、その土地で収穫されたものではなく、種苗メーカーの手によって品種改良された1代限りの種子が広まっています。その土地に根差した農作物が世の中から無くなってしまうこと、そして、改良された品種による人体への影響が分からないことなどには、危機感を感じます。

そのような世の中に変わりつつある中で、草の根的に種子の多様性を地域で継承し続けている国が、ミャンマーです。集団原理に根差した、理にかなった種子交換システムが、町や村を超えて行われている。

画像は、こちらからお借りしました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "【コラム】タネの多様性を守り続ける、ミャンマーの草の根ネットワーク"

posted by hasi-hir at : 2022年05月19日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2022年05月15日

『稼ぐ農』シリーズ7~集団化したリンゴ農家、産業を変革する新しい農のカタチ

稼ぐ農業を実現していくためには「生産-流通-販売」を一体のものとして展開している事例として、前回は「企業が行う農業」として「(有)類農園」をご紹介しました。

 

「稼ぐ農シリーズ」の第7弾となる今回は、「農業に取り組む自立した集団」という視点で農業の可能性を探っていきたいと思います。

これからの時代は、農業において求められるのは「営業力」と「技術力」です。
人々が求めるものはなにかを掴み、それを実現する技術があることで、稼ぐ農業を実現することができます。

そのためには、農家個人ではなく、集団として農業に取り組んでいくことが可能性です。

そこで、今回は「(有)類農園」と同様に、企業で農業に取り組んでいる「株式会社株式会社RED APPLE」を紹介します。

リンゴ産業のリーディングカンパニー」という志のもと、「リンゴ作りのプロ集団」となるべく日々追求している農業法人を紹介していきます。

※記事はリンクより引用させていただきました。

_______________________________

●就農前のキャリアについて
この株式会社RED APPLEのはじまりは曾祖父。

米農家から始め、徐々にりんご作りも行うようになったようです。自分がこの会社を始めるまでは「農業は儲からないもの」というイメージがあり、積極的に継ぎたいとは思っていなかったので、学校卒業後は関東へ。神奈川県にある土木系の会社に入社し、道路の舗装工事をしたことを皮切りに、電気工事士、左官、大工、運送業など色々な会社で働きましたね。

 

※写真はサイトよりお借りしました。

 

そのなかでも最後の方に経験したのが配置薬の営業。それまでは手に職をつけ働くような仕事をしてきた自分にとって営業は未知の世界。
でも、やってみると案外知らない人と話すのが苦ではない自分に気づき、楽しく仕事が出来ていたような気がします。
この時に「売ること」の楽しさを覚えたことが、今の仕事にも役立っているように感じます。

営業の仕事は案外、性に合っていたのですが、残業もあり勤務時間も長く、中々家族との時間を持てないということを解消したく、最終的には実家を継ぎりんご作りに取り組むことになりました。

<中略>

世界の「りんご作り」に目を向ける
もう1つ、この会社のターニングポイントとなったのはある企業との出会いです。

その企業は国内の果物や野菜を扱う輸出商社であり、日本に先駆けた栽培方法を取り入れている海外のりんご作りの手法を積極的に学びりんごの生産も行っている会社です。
彼らと出会い、イタリアやニュージーランドへ海外視察にも出かけました。

日本では「りんご栽培は手がかかるほど良いものが出来る」という考え方をする農家さんが主流で、「りんご作りは職人の技」のように語られることも多いです。

一方、海外は「効率的」「合理的」なりんご作りが主流。
例えばイタリアの南チロル地方では日本でも近年取り組まれている「高密植栽培」という手法を用いてりんご作りが行われています。

高密植栽培では高度な剪定技術が必要ではなく、初心者でも栽培しやすいといった違いがあり、りんごの木が「面」で育つよう栽培していくため、収穫の際の効率が良いといったメリットもあります。
(一般的なりんご畑では、りんごの木1本ごとにはしごや台に上ったり下りたりしながら収穫する必要がある)

私たちは、栽培ノウハウを提供しコンサルティングするという立ち位置で関わっていますが、彼らとの関わりをきっかけに、私たち自身の畑でも高密植栽培のみならず、世界の最先端のりんご栽培手法を学び、資材を取り入れて栽培にチャレンジしています。

新たな栽培手法に取り組むのは、生産原価・生産コストを下げることへ挑戦したいという思いから。
高品質のりんごを、生産コストを下げながら大規模に生産していくとことの両立は、なかなか難しいことですが、そこにワクワクしながら取り組んでいます。

 

 

 

※写真はサイトよりお借りしました。

 

会社経営は一人で全てできない。だから任せる。
会社を経営していく上で必要なキャッシュフローを回すという考え方をはじめ、必要なことは本やネットで調べながらやってきました。

経営をどうしていけばいいかということは、当初は自分で考えることしかできませんでした。
でも、すべてを自分一人でやろう・出来る、なんてことはもともと考えていなかったので、自分が出来ないことは、出来る人に任せていこう、たとえ自分の給料を下げてでも、出来る人を雇い入れて任せていこうと決めていました。

そんな中、様々な社員に助けられてきましたが、一昨年入社した吉川も試行錯誤をしながら会社へ良い影響を与えてくれているなと感じています。

彼が管理面を担ってくれるので手が回っていないところに手が回るようになり、事業運営のスピードが上がりました。私自身はより栽培部門へと時間と力を割けるようになりました。

今後について
先のことはわかりませんし、大きな目標がある訳でもありません。
今を一生懸命やるしかないかなと思っています。

変化していかなければ、前進していくことができません。今取り組んでいるやり方が正解だと言い切れるわけではありませんが、日本におけるりんご産業を守るのだという視点に立ち、取り組んでいます。この業界は今後大きく変わっていく必要があります。

そのうえで、社員たちには裁量をもち仕事をしてもらうようにしています。

だって、その方が面白いでしょう?裁量の中で、仮に失敗や損失を出したとしても、経営者としてそれが見通せる範囲内であれば、挑戦してもらうことを促しています。

そうやって、社員それぞれが自分の意志をもち、みんなで進んでいく。そんな組織に徐々になってきていると実感しています。

現代表の曾祖父が始めたりんご農園からスタートした当社は、今では一般的なりんご農家の規模を超えりんご栽培面積14ha規模まで拡大する事ができました。

今後もより一層進む高齢化により、園地を手放す農家さんから引き継いだり新たな土地にりんごを植えることで園地拡大に取り組んでいく予定です。

当社が目指すのは「りんご産業のリーディングカンパニー」となること。

農業の中でも1年をかけて栽培から収穫を行うりんごは、栽培技術をいかに組織に蓄積し人を育てていくかにかかっています。
りんご作りは人作り・・・。栽培ノウハウを備えた人材を育成しながら、最先端のりんご栽培を目指して、日々挑戦しています。

(引用、以上。)

 

 

志を高めていくことが次の農業をつくる
今回は「株式会社株式会社RED APPLE」の事例を紹介しました。

「個人として市場社会で稼ぐ」という農業には限界があります。

前回紹介した「(有)類農園」がそうであるように、地域や産業単位の集団として、「どのように集団として稼いでいくのか=盛り上げていくのか」という視点がこれからの農業においては不可欠になります。

自ら「生産-流通-販売」を担い、その実践を通じて集団と地域を繋げていく、そのような力が求められます。

そのためには、求められたものを生産するだけでなく、自ら人々の意識を掴み、新たな需要を生み出ししていく「営業力」が、これからの農業において求められる力になります。

また、人々が求められる期待を実現するために、必要になるのは「技術力」。

この「営業力」と「技術力」の両輪があって、「生産-流通-販売」を担うことができる農業を実現していくことができます。

稼ぐ農シリーズも7回を終え、終盤に差し掛かってきました。
これまでのシリーズを元に「稼ぐ農とはなにか」の方向性を固めていきたいと思います。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "『稼ぐ農』シリーズ7~集団化したリンゴ農家、産業を変革する新しい農のカタチ"

posted by tano at : 2022年05月15日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2022年05月14日

コラム:植物と土中微生物の共生ネットワークを壊し、地力低下を招く原因は「肥料」である

私たちは、「おなじ土地でずっと耕作を続ければ、地力が低下してしまうから、肥料を施さなければ作物は育たない」とか、「作物が土壌から栄養を吸収して、それを人間が収穫する以上、耕作を続ければ土はやせ続ける」などといったイメージを持ちがちであるとおもいます。

ところが、人間は反対に、農業を続ける事によって、肥沃だった土地を、乾燥して養分の少ない、死んだような土地にしてしまい、表土流出によって土自体を失い続けています。

オーストラリア大陸は、地図を見るとほとんどが砂漠だが、1800年代の初頭にヨーロッパ人が入植した当時は緑で覆われていたといいます。気温は37度を超え、まったく雨が降らない夏に、どこもかしこも草花に覆われていた。土はやわらかく、手でほれたそうです。

ところが、この土地が農業を続けたことによって、乾燥し、表土が流れ続けているのです。乾燥した土地で何とか小麦1kgを作るのに、4kgの表土が流れているそうです。カナダや、ウクライナなど、世界各地で表土流出の報告がされています。

このようにして、かつて肥沃だった土地はかれ続け、農業生産力も下がっているという報告が相次いでいるそうです。

今回の記事では、なぜこのように、近代農業やモノカルチャー農業が土を殺し続けているのかを掘り下げます。

実は、冒頭に述べたような、「おなじ土地でずっと耕作を続ければ、地力が低下してしまうから、肥料を施さなければ作物は育たない」とか、「作物が土壌から栄養を吸収して、それを人間が収穫する以上、耕作を続ければ土はやせ続ける」というイメージは少し違っているという実態が見えてきました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "コラム:植物と土中微生物の共生ネットワークを壊し、地力低下を招く原因は「肥料」である"

posted by o-yasu at : 2022年05月14日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2022年05月06日

シリーズ『種』7:獲得形質の遺伝④~環境変化に適応し、後世へと遺伝していく仕組み~

農作物の『種』とはどのような働きを持っているのか?を追求するシリーズです。「環境変化への適応・遺伝」の仕組みを解明するために、獲得形質の遺伝に着目して考えてきています。

今回の投稿では、生物の外圧適応・遺伝の根幹をさらに掘り下げるため、最新の研究内容「液-液相分離」の仕組みも踏まえて考えていきたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "シリーズ『種』7:獲得形質の遺伝④~環境変化に適応し、後世へと遺伝していく仕組み~"

posted by hasi-hir at : 2022年05月06日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2022年05月02日

「農」ブログの中間振り返り ~「農」の追求は環境、自然科学、歴史、食、医療、共同体、教育、国際社会、金融、市場、全てに広く繋がっている。

昨年9月から再スタートしたブログ「新しい「農」のかたち」は約半年8つのテーマで追求してきました。各テーマ、約10回の記事で追求し、最後にまとめを入れています。この5月から新メンバーを加えさらに強力な布陣で追求を重ねていきます。そのためにも、この半年間の当ブログでの追求の足跡を振り返りたいと思います。

最初の記事

「農」を追求するということは全てのジャンルに通じるすごく広いテーマを与えられたのではないかというワクワク感で一杯です。環境、自然科学、歴史、食、医療、共同体、教育、国際社会、金融、市場、全てに広く繋がっており、農を知るというのはそれら多方面から追求を重ねていくことになり、生活、経済、さらに自然の摂理に繋がっていきます。

★★★第一クールは下記の3つのテーマを立ち上げました。

農から考える自然の摂理シリーズ

 ・農から考える自然の摂理~「土の仕組みを探る」:大地5億年の歴史を遡る

 ・農から考える自然の摂理~「土の仕組みを探る」:なぜ土は酸性やアルカリ性になるのか

 ・農から考える自然の摂理~「土の仕組みを探る」:土壌の生態系を救ったキノコ

 ・植物は外圧を認識し、互いに連携しながら、集団として乗り越えている

 ・農から考える自然の摂理~「土の仕組みを探る」:大地5億年の歴史が100年足らずで破壊されていく

 

『農村学校をつくろう!』シリーズ

 ・『農村学校をつくろう!』シリーズ-2~子育ての課題⇒農村学校の可能性とは?~

 ・『農村学校をつくろう!』シリーズ-5~農の場が持つ力を人材育成に活用する事業~

 ・『農村学校をつくろう!』シリーズ-6~農を核とした学びの先端潮流と今後の展望~

 ・『農村学校をつくろう!』シリーズ-8~江戸から学ぶ:子どもたち自身が集団をつくり・・・

 ・『農村学校をつくろう!』シリーズ-9~江戸時代に学ぶ:本来集団は殖産一体!その中でこそ人は一人前に育つ!

 

★[農の歴史]シリーズ

 ・[農の歴史]第1回 人類はいつ、なぜ農耕を始めたのか

 ・【農の歴史】第3回 麦作文化と稲作文化

 ・【農の歴史】第4回 林業の歴史=植林の歴史

 ・【農の歴史】第7回 惣村の歴史は農村の歴史~日本独自の村落共同体の原型

 ・【農の歴史】第9回 江戸の生産革命を支えた組織体制「五人組」とは

 ・「農の歴史」シリーズまとめ~歴史に学ぶ農の可能性と危険性

★★★第2クールは下記の3つのテーマ。
紙面の都合もありタイトルと初回の記事と最後のまとめの記事のみ紹介しておきます

『世界の農と食』シリーズ:イントロ~世界の農は近代的な大規模農業から、どう構造転換していくか?~

 ・【世界の食と農】まとめ~世界の農を巡る覇権争いは、これからどうなる?~

 

『農業と政治』シリーズ、はじめます~農協は、農業・農家・消費者に何をもたらしてきたのか

 ・『農業と政治』シリーズ 最終回:日本人のお上意識が農業を農協の意のままにしてきた

 

『食糧問題』シリーズ:イントロ~世界で食糧問題が起こる構造に迫り・・・

 ・食糧問題シリーズ10(最終回):「自分たちの生きる場は、自分たちで作る」からこそ農業に活力が生まれる

 

★★★第3クールは以下の2つで、現在も継続追求中です。
自然の摂理系と農業活力系の全く異なるジャンルです。これらを並行して追求していくのも当ブログの、魅力の一つです。

『稼ぐ農』シリーズ1~稼ぐ力の基盤は何か?

シリーズ『種』1プロローグ~持続可能な農業の要は「種」!

 

約半年間で8テーマ。年間で12テーマを目指します。
全て追求は果てしないですが、都度答えを一定つくり繋いでいきます。

いずれこれらの追求が相乗効果を持ち、農とは何か?をおぼろげに形作るのではないかと期待しています。農とは私達人類の営みそのものでもあり、持続可能な人類の歴史であると思っています。今、環境初め、経済、精神の危機に際している人類、今こそ農を通じて足元からしっかりと作り直していきたい、そういった気持ちでこのブログの今後の追求も継続していきたいと思います。
お気づきの点や感想がありましたらぜひコメント欄に入れて下さい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "「農」ブログの中間振り返り ~「農」の追求は環境、自然科学、歴史、食、医療、共同体、教育、国際社会、金融、市場、全てに広く繋がっている。"

posted by tano at : 2022年05月02日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2022年04月29日

『稼ぐ農』シリーズ6~自分たちでつくって、運んで、売る。が創りだす価値

自分たちでつくったものを、自分たちで運び、自分たちで売る。

書いてしまえば当たり前のようにも思えますが、
こと農業において、生産・物流・販売、これら三つの領域を全て自社で賄っている会社は、ほぼ存在しません。それだけ難しいということでしょう。

今回ご紹介する(有)類農園は、上記三領域全てを自社で展開する、業界でも稀有な存在。生産・流通・販売、これらを一体のものとして展開してこそ、農業経営の可能性は大きく拓かれる。それを類農園は現実の経営活動をもって実証しようとしています。

稼ぐ農シリーズ第6弾となる今回は、彼らの事業展開を(ほんのさわりですが)ご紹介しながら、農業経営の可能性を深掘りしていきたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "『稼ぐ農』シリーズ6~自分たちでつくって、運んで、売る。が創りだす価値"

posted by negi at : 2022年04月29日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2022年04月27日

シリーズ『種』7:獲得形質の遺伝③〜獲得形質遺伝のメカニズムーRNAが遺伝する!

前回の記事では、獲得形質が遺伝している事例を見てみましたが、現象事実として、獲得形質の遺伝はあるということがわかっていただけたかと思います。

今回の記事では、獲得形質が遺伝するそのメカニズムについて、追求してみます。

細胞構成分子 = 創薬標的

(画像はこちらからお借りしました)

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "シリーズ『種』7:獲得形質の遺伝③〜獲得形質遺伝のメカニズムーRNAが遺伝する!"

posted by o-yasu at : 2022年04月27日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2022年04月19日

シリーズ『種』6:獲得形質の遺伝②~親が後天的に獲得した力は、子孫に遺伝する~

前回の投稿では、「DNAだけでは、遺伝や生物の進化は説明できない」不整合を解明するために、『獲得形質』という考え方について触れました。

■これまで遺伝は、DNA遺伝だけと思われてきた

植物であれ、生物であれ、『DNAが遺伝の源』ということが、一般的な考え方です。これが意味することは、親がどんな生活をしたとしても、そこで得た能力・進化は、子孫(子ども)には遺伝しない。親が持っているDNAだけが、子孫に遺伝するということです。

しかし、ここ最近では、これに代わる考え方として、「親が得た能力は、子孫(子ども)に遺伝する」が実証されてきています。これを、「獲得形質」と呼んでいます。

画像は、こちらからお借りしました。

今回の投稿では、この「獲得形質」の事例について紹介したいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "シリーズ『種』6:獲得形質の遺伝②~親が後天的に獲得した力は、子孫に遺伝する~"

posted by hasi-hir at : 2022年04月19日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2022年04月19日

『稼ぐ農』シリーズ5 農業を制するには”流通”は避けて通れない

稼ぐシリーズもいよいよ中盤にかかります。

今回は「流通」に注目します。稼ぐ農において避けて通れないのが農の流通です。

農家は末端価格の半分しか稼げず、結局農作物の価格の半分は流通と販売で稼いでいるのです。最初にこのテーマを追求する時に提起した17のテーマの中から流通に関わるテーマを選定し考えてみます。今回もネタを与えていただいたのは当ブログの知恵袋のK君です。

 

・農協を通すと稼げない、その仕組みは
・直売所は生産者が値段をつける。そのリスクとメリット
・一番は道で売ること‥丸々利益になり意外とそれで稼いでいる農家は多い
・末端価格は何で決まるか?全ては消費者とのバランスで自由に決められている

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "『稼ぐ農』シリーズ5 農業を制するには”流通”は避けて通れない"

posted by tano at : 2022年04月19日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2022年04月14日

コラム:直売所でしか売られない野菜紹介シリーズ①『葉玉ねぎ』

突然ですが、みなさんはいつもどんな野菜を食べていますか?
実は野菜の中には「規格化できない」「日持ちしない」などの理由で、一般のスーパーには並ばない野菜がたくさんあります。

日本では1923年に中央卸売市場法が制定され、更に高度経済成長を経た1971年に新法の卸売市場法が制定されたことで広域的な流通システムが構築されていきました。その過程で規格化・見栄えを重視する傾向が強まり、農薬の増加などが促進されていきました。現在はそのあり方を見直す制度改革や行政の動きも増えつつありますが、市場にのせるための野菜の選別、規格化は続いています。
これらの規格化は、規格外野菜の大量廃棄にもつながっており現代の食における課題の1つになっています。

そこで!本シリーズでは、普通のスーパーには並ばない、でも本当に美味しい野菜たちを紹介し、規格外野菜の魅力に迫っていこうと思います(^^)
第一弾は「葉玉ねぎ」についてです☆

 

■玉ねぎのいろんな呼び名
玉ねぎは、4月~7月に収穫されますが、成長の早さ(収穫時期)によって同じ玉ねぎでも呼び名が変わります。

4月に収穫→わせ(早生)
5月~7月収穫→なかて(中生)
6月~7月収穫→おくて(晩生)

わせは所謂「新玉ねぎ」と呼ばれる品種。瑞々しく甘みが強いのが特徴です。
おくてはよくスーパーなどで見かける一般的な品種です。保存に効くようにしっかり乾燥させてから出荷されます。(乾燥しているから皮が茶色くパリパリしているんですね)
味ならわせ、保存ならおくて、と一般的に言われていますが、なぜわせ(新玉ねぎ)の方が甘みが強いのでしょうか。

実は、玉ねぎにはもともと果物並みの糖分が含まれています。しかしその一方で「硫化アリル」という辛み成分も含まれています。この硫化アリル、わさびやニンニクにも入っている成分で、辛みの元なのですが、体に良い効果もたくさんあると言われています。
硫化アリルは人の体に入ると、アリシンという物質に変化します。このアリシンには強力な殺菌作用があり、サルモネラ菌や病原性のカビ、チフス菌、コレラ菌、寄生虫の駆除などに効果を発揮するそうです。

新玉ねぎも普通の玉ねぎも栄養分は同じですが、普通の玉ねぎは乾燥させて出荷させるため、水分が少なくなり、この辛み成分が表に出やすくなると言われています。
一方新玉ねぎは硫化アリルもたくさん含みつつ、甘み成分が本来のまま発揮されるから、瑞々しく美味しいということですね。

■葉玉ねぎの特徴
葉玉ねぎは新玉ねぎになる前、まだ玉ねぎの葉が青々して実が膨らみ切前に収穫する玉ねぎのことを言います。新玉ねぎよりも日持ちはしません(だからスーパーには並びません)が、新玉ねぎよりも甘みが強いのが特徴です。


↑直売所で発見しました↑

 

玉ねぎの葉っぱを初めて見た私が「この葉っぱも食べられるんですか?」と直売所の店員さんに質問したところ、「この葉っぱが美味しいんです!」と叱られました(笑)

 

オススメされたので、さっそく購入し、料理してみました!(^^)!


↑親子丼/シーフード炒め/コンソメスープ ←全部葉玉ねぎ入り↑

 

頂くと、、確かにすごく柔らかい!そして甘い!店員さんに教えてもらった通り調味料少な目で調理しましたが、葉玉ねぎの甘さが効いていて優しい味がしました。
葉っぱの部分も、歯ごたえがあるのかな?と思いきや、全然歯残りせず、溶けるような滑らかさ。とっても美味しかったです(^^)

市場には出ないものでも、農家さんは美味しい野菜を本当にたくさん知っていらっしゃいます。
昔は、カタチが違っても、日持ちしなくても、その季節に取れる一番美味しい野菜をこうやって頂いていたんだな、と思います。

今後も直売所でしか売られない、新鮮で美味しい野菜をちょこちょこ紹介していこうと思います♪お楽しみに♪

 

<参考>

https://www.sfinter.com/topics/post-513/

https://www.jstage.jst.go.jp/article/chiikikeizai/27/0/27_62/_pdf/-char/ja

https://miyazakifarm.net/blog/355/

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "コラム:直売所でしか売られない野菜紹介シリーズ①『葉玉ねぎ』"

posted by ideta at : 2022年04月14日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List